FAQ

Q&A

賃貸管理業務と家主

賃貸管理と家主業について。
マンションやアパート、文化住宅を所有し家賃収入がある家主さんがいらっしゃいます。
家賃収入は不労所得になり、安定した収入源になっている家主さんにとって管理業務は欠かせないものの一つですね。

家主さんの業務として大きく2つあります。
 一つは家賃管理の業務。
 月末に家賃の入金があるかどうか確認する業務ですね。
 中には、水道代を実費精算する部屋に関しては、水道メーターの検針を行った上で、家賃と水道料金を請求するケースもあるかと思います。

きちんと家賃を入金されていた借主(入居者)が突然滞納を始めたってケースもあります。

その際、家主自ら入居者に督促にいくか、家賃保証サービス会社に連絡をして入金作業を代行してもらうか、どちらかになります。
(もちろん、家賃保証会社にお願いする場合、入居前に入居者に家賃保証会社に加入してもらう手続きが必要になります)

昔からの家主業をされているオーナーさんの中には、家賃保証サービス会社をしていない方もいらっしゃいます。

このあたりの判断は難しいですね。
よく家主さんから「いい人入れて下さい」と依頼されることがあります。(汗)
「いい人」であっても社会情勢から、支払いができなることもあるんですね。

そうなってもいいように、家賃保証サービス会社の加入をすすめています。

管理業務ができているか

家主にとって家賃管理についてはある程度リスクを回避する方法はあるかと思います。
最終的な手段になれば、法的手段もあります。
(お金と時間はかかりますが・・・)

もう一つの家主の業務として、建物の管理業務。

家主さんの高齢化を実感しています。
そのせいか、建物の管理ができていないような。
結果、入居者が退去するというマイナスのスパイラルに。。。(T_T)

共用部の蛍光灯が消えていてもそのまま。
清掃されていないなどなど。

管理費を管理会社に払うことに抵抗がある家主さんは特にこの傾向が強いです。

賃貸の案内で、入居者は建物の管理状況なども確認します。
汚れている、部屋も時々空気の入れ替えをしていないなど、良い印象を持たないですね。
昨今、賃貸マンションも多くなり、入居者の奪い合いが一部起こっています。

一度住んで頂いた入居者には長く住んで頂く。
新たに住んで頂く方にも気持ちよく入居を決めてもらう。

これからは、そのような視点も非常に重要になります。

なかなか管理費を支払うことに抵抗がある。。。

気持ちはわかりますが、家賃の中から一部管理のために費用を残しておくことも必要になりますね。

毎月の清掃費用と合わせて、5年から10年に一度の建物の大規模修繕。
(外壁塗装、屋上防水など)

これらの建物の修繕費を残しておかないと、いざという時に修理ができない。
結果、入居者が退去してしまう。。。という悪循環に陥ってしまいます。

ある家主さんから相談を受けました。

「建物の老朽化が激しく、どうしたらいいものか」
物件を確認すると、「住みたい」と思える管理状況ではなかったですね。

しかも、室内のリフォームもしていない。
これからの時代、リフォームをしても入居してもらえるかわからないので
そのままにしている家主さんも多くなりました。

良し悪しは別として、退去後、そのままにしていると、賃貸業者も案内しなくなること間違いなしです。

家主さんにとっては、難しい時代になりつつあります。

だからこそ、小規模で家主業をされているオーナー様は、先のことを考えた建物に対する投資が必要になります。

「入居者に住んで頂く」
このキーワードで管理業務をして頂くといい方向に進むと思います。

「すべてを任せるには、家賃収入が少ない」と言ったようなオーナー様に対する提案やサポートも行っております。

お気軽にご相談頂ければ幸いです。

カテゴリー