SEMINAR

セミナー

第24回 借地権セミナー終了

第24回の借地権セミナーが終了いたしました。 今回は建物の所有者と土地の賃借人が違うケースについて。 あってはならないことですが。。。。

最近の相談事例から手続き等についてお話させて頂きました。

建物所有者と土地の賃借人が違う場合、過去にさかのぼって調べていかないといけません。

これが相続人ではない場合、どうするか。 こんな場合で悩まれている場合にはど相談ください。

放置しておくことによってますます、時間とお金がかかることになります。

どこの不動産業者に相談しても、「その問題を解決してから再度ご来店下さい」と。

 

今回、写真の撮り方が悪いので、私の顔が写っているものがない! 安心して下さい。

元気に頑張っております。

借地権の相談に来られる方の中には相続が発生しているケースが少なからずあります。

そして、相続権は「私だけ」と勝手に判断してしまっていることも。 (実は相関図から他にも複数相続人が出てきたケースもあります)  

借地と相続で気になることがあれば、お気軽にご相談下さい。