大阪市 借地権 売買 港区港晴

大阪市港区港晴の借地権について。
弊社の住所も港晴になっているので、より状況については詳しく話できるかと思います。

借地権を売買するにあたって借地権のまま売買するのか?それとも大阪市から売払いを受けて底地を買取り所有権にしてから売却するのか?

実際に、借地権の賃貸借面積によって売買がしやすい場合もあれば、しにくい場合もあります。

他のエリアでもありますが、連棟長屋の借地の場合、非常に売りにくいケースが多いです。
単体ではどうすることもできないので安価で隣に売却するしかない売買取引も多いのが事実です。
隣地だけではまだスケールメリットの出る面積ではない場合、更に買い足すなどの作業が必要となりお金と時間がかかります。

あわせて、建物が未登記の場合、隣地の建物所有者に接触することもできずに、ただ老朽化を待つばかりといった不動産も少なくありません。

相続が発生した場合などを考えた時に配偶者や子どもたちはこの借地権をうまく活用できるのか?
そんな判断も今から考えておいていいかと思います。
利用価値はないが、地代だけは発生する事態にならないことです。
あわせて、建物老朽化に伴い隣地建物への損害や落下物による第3者への損害賠償なども想定すると、どんなことをしても早期に売買されることをおすすめします。

港晴には1筆の土地に建物所有者(借地権者)が複数いるといった箇所も多々あります。
建物所有者全員の同意がなければ、次の展開が開けないことからも、十分注意が必要です。