大阪市 借地権 売買 契約保証金

借地権の売買に関して抑えておくべきポイントをお伝えします。

新賃借人は土地を賃借するにあたって、契約保証金が必要になります。
実際、いくら必要なのか?
気になるところかと思います。

契約保証金としては賃貸料の1ヶ月×6。
つまり半年分の賃料が必要になります。

おそらく、保証金を支払えない方はいないと思います。
この保証金は、契約が終了した際に返金されるお金です。
ただ、利息はつきません。

過去の契約において、この契約保証金が、少なかったり、全く入っていないというようなものもあります。

この場合、契約者が変更になるタイミングで保証金を入れて下さいと請求させる場合もあるので、ご参考にして頂ければと思います。

また、契約保証金ですが、契約が終了してすぐに返金されるわけではなく、ある程度の日数がかかります。
(※感覚的でお伝えすると2ヶ月程度)
保証金が返ってくることをアテにしている場合、タイムラグがあることも念頭においてくださいね。