大阪市借地権 売買 承諾料

借地権を売買する場合、注意するポイントがありますね。
旧賃借人と新賃借人との間で売買価格で合意し、取引。

おっと、その前に土地の所有者(地主)に「売買してもいいですよ」と承諾をもらわなければいけません。

大阪市の場合は、事前に譲渡承認の申請を行わなければなりません。
その際に、印鑑証明書や住民票、新賃借人には今後地代(賃貸料)を支払っていけるかどうかの資力を確認すための公的書類(固定資産税評価証明書や納税証明書等)が必要になります。

それと併せて名義書き換え承諾料を大阪市に支払う必要がありますね。
納付書は旧新賃借人の宛名で渡されるので、基本、承諾料は売主負担で取引を行なう場合が多いです。

借地権を売買する場合、売主は売買代金全額が手元に入るという試算をしないでくださいね。
承諾料の費用や仲介手数料、そして譲渡益が出ていれば所得税等の納付も。
それらを差し引いて手元に残ったのが、実際に使えるお金だと考えてくださいね。

承諾料を支払いたくない。

承諾料の負担をしたくないとお思いの売主もいるかと思います。
その場合は、その承諾料を売買代金に上乗せして取引するのも一つの方法かと思います。

ただし、買主がその売買価格に納得するかは別問題だと思います。

承諾料を支払いたくないけど、適正相場で借地権は売却したいという方は、物件の概要等を教えて頂いた方に限り、手続きをさせて頂きます。

その場合のメリット・デメリットもお話をさせて頂いた上で、承諾料を支払わなくても済む方法ですすめたいと思います。