大阪市借地権 売買 登記簿謄本

大阪市借地権の売買における登記簿謄本について。

売買する際に、建物の登記簿謄本が必要になります。
現在の所有者と大阪市との賃貸借契約者が同一かどうか。
その上で、地上物件譲渡承認申請書とあわせて提出。

承認が下りてから売買契約という流れになります。

また、取引後に所有者の移転登記後の建物登記簿謄本も必要になります。
決済の際、司法書士の先生にお願いするかと思いますが、同時に建物の登記簿謄本を別途1通頂きたいと伝えておくことで建物の登記簿謄本を取り寄せる手間が省けます。