大阪市借地権 売買 増築

大阪市借地権付建物の増築について。
売却する前に、調べて置かないことがあります。

その建物は増改築されていないか?ということです。

大阪市との土地賃貸借契約書の中には
使用目的として自己所有の「非堅固建物敷地」としてのみ
使用しなければならない・・・とあります。

非堅固・・・木造2階建てと理解して頂ければ。。。

これが、その後、建物を増築して3階建てに。。。
契約の内容が違ってくるので、建て替え承諾料を請求される可能性大です。

契約書を作り直した上で、借地権の譲渡になりますので
ご注意が必要です。

実際、過去の取引物件の中でこのような事例があり
費用と時間がかかりました。

くれぐれもご注意下さい。

明らかに増築している場合。。。
木造2階建て → 3階建て

鉄骨3階 → 鉄骨4階 など